シミトリーの効果※あなたは効く人?効かない人?

シミ取り効果が具体的に期待できる医薬部外品のシミトリーですが、口コミなどを読むと、効果のある人とすぐに効果が出ないという人がいらっしゃるようですね。

「化粧品」には具体的な効果は期待できませんが、シミトリーは一定の効果が期待できる「医薬部外品」なのです。

そんなシミトリーを効果的に使用する方法をまとめてみました。

シミトリーの効果的な使用方法とは?

シミトリーを塗る前に、まず洗顔から丁寧に行います。

お水の温度は季節にもよりますが、ぬるめのお湯程度の温度が理想ですね。

そしてこすらずに泡をお肌にのせる感じで十分です。

シミトリーの一回の使用量は?

シミトリーはたいへんさらっとしていますので小指の爪ほどの分量で十分に伸びます。

朝のお化粧前には通常の量ですが、特に冬場の就寝前には乾燥対策を兼ねて多めに使ってみるといいですよね。

もう一つ大事なことはシミトリーは防腐剤を使用していないので、なるべく鮮度を保つためにも冷蔵庫などの冷暗所での保存が望ましいんです。

そして手からの雑菌の侵入を防ぐために付属のヘラを使ってください。

夏場などに冷蔵庫などで保管したもの使用する場合には、一度手のひらで温めてくださいね。

こうすることでシミトリーの伸びやお肌への馴染みがよくなりますよ。

シミのタイプ別使用期間※シミが消えるまで...

シミトリーがシミ取りに効果なしといった書き込みの根拠として誤解されているのが、「そもそもシミが真皮といわれる奥の方にある場合に、表皮になにを塗ったところで効果が届かない」といった理由です。

もちろん肌の奥の真皮にまでただちに届くことはありえません。

しかし、仮にレーザー治療を受けたにしても完全にシミが消えるまでは2か月は最低でも掛かります。

つまり、肌のターンオーバー(お肌の細胞の入れ替わり)には時間が掛かるためです。

ですので、シミトリーの効果を体感するには最低でも二か月以上は継続して取り組むべきですね。

ただ、シミが表皮にある場合にはすぐに効果を実感できたという声があるのも事実です。

一週間でシミが薄くなったという口コミはたまたまシミが表皮タイプであったと思われますね。

自分のシミが深い真皮タイプなのか?表皮タイプなのか?によってシミトリーの効果をいつ実感できるのかが分れると思います。

なかなか自分のシミが表皮タイプなのか?真皮タイプ?なのかは自分では判別つかないですよね。

ですので、あんまりあせらずにシミトリー使用開始から2、3か月はじっくりと取り組んでゆくつもりでいればいいのではないでしょうか?

 

>>>公式サイトでいますぐシミトリーをチェック<<<