シミトリーに副作用?白斑の心配は?産後の肝斑にも効果ある?

シミトリーはハイドロキノン誘導体の働きによりシミを薄くしてくれる効果が期待でき、多くのユーザーがその効果を実感しているのも事実。

そんな効果的があるだけに、何か副作用のようなものがないのか心配になりますよね。

ですので、ここではそうした副作用がないのか徹底検証しました。

シミトリーに怖い白斑の心配はないの?

ハイドロキノンは高い漂白作用のため、医師の処方がないと使えないほどの効果を発揮しますが、シミトリーに使われているハイドロキノン誘導体は医薬品ではなく
お肌にやさしい植物由来の成分のために低刺激で副作用の心配はありません。

シミトリーで肝斑が消えるの?

顔の広範囲に左右対称にできる肝斑、その原因は妊娠やピルなどの経口避妊薬が影響しているのではないか?と言われています。

こうしたことから女性ホルモンが影響しているのではないか?というのが有力な説となっています。

そんな肝斑にシミトリーは効果があるのでしょうか?

ひどい肝斑に効果的なのは美容皮膚科にてレーザー治療を行い、ハイドロキノンを処方することでメラニンを抑制するという治療です。

シミトリーの有効成分にもハイドロキノン誘導体が含まれているので肝斑を薄くする効果は期待できますが、顔の広い部分に拡がる肝斑を早く何とかしたいとお考えなら、美容皮膚科への相談をおすすめします。

シミトリーはニキビ跡に効果ある?

ニキビの跡というのはメラニン色素の沈着でできたものです。

シミトリーに配合されているビタミンC誘導体とハイドロキノン誘導体はニキビ跡を薄くする美白成分としても知られています。

シミトリーはノンアルコールで敏感肌の方にも優しいオールインワンジェルなんです。

ニキビの原因は乾燥肌であることも多いので、ニキビを刺激しないシミトリーで
お肌のうるおいを保ちニキビ予防に役立ててください。

シミトリーは日焼け止めとしても使えるの?

シミトリーには紫外線防止効果はありませんが、日焼けのあとのお手入れには効果的で火照ったお肌にうるおいを与えます。

シミトリーの上に日焼け止めを行っても問題なしとのことです。

シミトリーは医薬部外品です。

医薬部外品とは医薬品と化粧品の中間的な分類で予防効果をうたったり、医薬品よりは効き目が緩和ですが、人体に何らかの改善効果をもたらすものとされています。

つまり、化粧品とは違い具体的な効果が期待されているものということになるのです。

お肌に優しいがためにシミ取りの効果は緩やかではあるが、使い続けることで具体的に効果が期待できる商品なのです。

>>>公式サイトでいますぐシミトリーをチェック<<<